「チーム」の検索結果

【イベント開催】Webディレクターのキャリアとスキル棚卸し、これからの生存戦略

Webディレクターの キャリアとスキル棚卸し、 これからの生存戦略

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

「自分の強みって何だろう?」
「これからのキャリアプランどうしよう…」

2019/10/5(土)に、Webディレクターの皆さんが抱えるこんな悩みをみんなで考える場として、Webディレクターがキャリアをふり返り、スキル棚卸しを行い、これからの生存戦略(目標)を考える勉強会「Webディレ健診vol.1」を開催しました!

続きを読む

【実体験】プロダクトマネージャーのなり方(Webディレクター編)

【実体験】 プロダクトマネージャー のなり方

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

2019年5月に人生初めての転職をし、Webディレクターメンバーとして働いていましたが、10月の組織変更で正式にプロダクトマネージャーとして働くことになりました。

前職では、プロダクトマネージャーのような役割で働いていたものの、社内にプロダクトマネージャーという名称のポジションや職種名は存在していませんでしたので、初めてのプロダクトマネージャー就任となります。(地味に嬉しいw)

今回は、僕が考える「なぜ転職して社歴の浅い僕がプロダクトマネージャー」になれたのか?について、その役割やスキル面を中心に書いてみたいと思います。

続きを読む

Webディレクタースキル見える化のすゝめ【6分類45項目のスキル棚卸しシート付】

Webディレクタースキル見える化のすゝめアイキャッチ画像

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

そこのWebディレクターのあなた、スキル上の強み・弱みを把握してますか?

Webディレクターとしてのキャリアを歩み始めて9年目となりましたが、先日、友人とスキル見える化を行いましたので、結果とその際に作成したWebディレクター用スキル棚卸しシートを共有したいと思います。

自分のスキルを可視化し、他人と比較するすることで強みや弱みを把握することができます。勤務先での強みを活かした価値提供や成果を出すための行動計画、今後のスキル開発の計画、また、個人としての情報発信、副業など活躍の場を広げる行動を起こすきっかけになれば幸いです!

僕は少し前に転職活動を行っていたため、仕事での経験やスキルを振り返る機会がありましたが、同じ企業で長く働いている方ほどスキルを棚卸しして見える化する機会は少ないと思います。ぜひこの記事を読んでくれたWebディレクターの方は、この機会にスキル棚卸しシートを活用してスキルの見える化をしてみてください!

続きを読む

【徹底解説】Webディレクターの役割を10分類してみた!

Webディレクターよ立ち上がれ!

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

今回は、Webディレクターの役割を再整理し10種類に分類した記事となります。

早速ですが、最近、少し悩んでいることがあります。

それは、『PjM(プロジェクトマネージャー)の国際資格PMPを取得したWebディレクターというポジションで働いているけど、やっている業務はPdM(プロダクトマネージャー)だと自分では思っている。そして、5月から転職して入る企業の求人にはたしかWebプロデューサーと書かれていて採用された僕は一体何者なのか?』ということ。

続きを読む

ポジティブなPDCAを回す振り返りフレームワーク3種【振り返りシートDL可能】

ポジティブな PDCAを回す 振り返り術!!

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

今回は、「ポジティブなPDCAを回す振り返り」について記事を書きたいと思います。

なぜ、僕がこのテーマで記事を書くか?

それは、僕がプロジェクトマネジメントのプロであり、プロジェクトマネジメントにおいてもPDCAのCにあたる振り返りをポジティブに行うことが、自分たちの成長やプロジェクトの成功確率UP、企業・組織の発展を考える上で超大事だと思っているからです!

続きを読む

【YouTube2作目公開】ウォーターフォール開発とアジャイル開発のメリットデメリット

開発手法にせまる!ウォーターフォール開発とアジャイル開発

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

前回に引き続き、新卒で入社した会社の元後輩で現在エンジニア系YouTuberであり、フリーランスエンジニアであるKBOY(@kboy_silvergym)にお誘いいただき撮影した、YouTube2本目が公開されました!

「ウォーターフォール開発とアジャイル開発のメリットデメリット」について、PM視点(僕)とエンジニア視点(KBOY)から語っています。

早速ですが、その動画がこちらです↓

続きを読む

プロダクトマネージャーの勉強(動画講座、本、オンラインコーチングなど)

プロダクトマネジメントを効率的に学ぶ!

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

プロダクトマネージャーとしてのスキルアップやプロダクトマネジメントスキルを向上させたい方向けに、オススメの教材をご紹介致します。

まだまだ僕も勉強中なので、買ったけど読んでいない積読状態のものもいくつかありますが、その点はご了承ください。。笑
また、オススメする教材は、随時、追加していきます。

プロダクトマネジメントの包括範囲は広い

プロダクトマネジメントの包括範囲は非常に広く、プロダクトマネージャーの役割を一言で説明することは難しいですよね。

続きを読む

リーダーよ、モチベーションよりもエンゲージメントを高めろ!

部署内で最もエンゲージメントの高いチームになった

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

現在、3つのサービスを運営する6人のプロダクトマネジメントチームのリーダーをしておりますが、組織におけるエンゲージメントという概念を知り、組織改善に取り組むことでいいチームを作ることができました。

  • 会社やチームのミッション・ビジョンへの共感度が高い
  • 個人ミッションや目標が明確で腹落ちしている
  • 職務上や自己成長に対する支援を実感してくれている
  • 上司や仕事の仲間との関係性が良い
  • 職務に対する満足度が高い

これは、現在の僕らのチームの状態です。
所属するメンバーのエンゲージメントを定量的に測ることのできるツールwevoxで高いスコアとなっています。

続きを読む

海外(インドネシア)でリーダーの役割とは【BAIK】

日本の会社で部下がいたり、チームを持っていたり、部署を持っていたり何かしらの仲間を持っている人。日々、考え良いチームにしていこうとされていると思います。そこで出来上がった自分の形が海外ではそのまま通用しないことはよくあることです。

よくある会社の形

日系企業の日本人は1人~4人くらいが大体の形になっています。そしてそれぞれの日本人に年齢的な上下関係はありつつもポジション的な上下関係は社長を除きないことが多いです。それぞれの日本人は日本人を見るのではなくインドネシア人を見るのが一般的になっています。

今回は、日本にいるリーダーを幾つかのタイプに分けて「上手くいくのか」「上手くいかないのか」を見ていきましょう。

続きを読む

自称でもプロダクトマネージャーと名乗れ!道はひらける。

自称でもプロダクトマネージャーと名乗れ!

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

僕は、2018年の途中から、プロダクトマネージャー(PdM)と自称しています

ご安心ください。経歴詐称している訳ではありません。笑

社内ではプロダクトマネージャー(PdM)というロール(役割)は存在しませんが、プロダクトマネージャー(PdM)やプロダクトマネジメントを知り、現在やっていることはプロダクトマネージャー(PdM)じゃないか!と気付いたんです。

この記事を読んでいる方の中でも、最近、よくプロダクトマネージャー(PdM)という言葉を耳にするようになり興味を持っているが社内にはプロダクトマネージャー(PdM)というロール(役割)は存在せず、どうしたらプロダクトマネージャー(PdM)になれるのか?どうしたらプロダクトマネージャー(PdM)という概念を社内に導入できるのか?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

また、事業会社に置いて、プロジェクトマネージャーやWebディレクター、Webプロデューサーとして働いている方の中で、現在のロール(役割)と業務内容のギャップを感じていたり、将来のなりたい姿やキャリアビジョンの見通しが立たず、悩まれている方もいるのではないでしょうか。

そんな方々に向けて、僕が2018年に踏み出した大きな一歩である「自称プロダクトマネージャーと名乗ること」について、記事を書いてみたいと思います。

続きを読む