PMBOK学習&PMP試験の参考書をPMPホルダーがオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •      
  • LINEで送る

どうも、やすぽん@起業したいPMです。

2015年に一発合格でPMPを取得し、2018年に資格更新を行ったPMPホルダーです。

 

プロジェクトマネジメントの体系的な知識を習得する為に初めてPMBOKを学ぶ方向けのPMBOK学習に最適な参考書と、

これからPMPを取得する為に試験勉強をされる方向けの参考書をオススメします。

PMBOKやPMPについて、事前に記事で勉強しておきたい方は以下の記事をご覧ください。

 

PMBOK学習のオススメ参考書

対象者

  • 就職・転職する前にプロジェクトマネジメントを勉強したい方
  • プロジェクトにメンバーとして参加している方
  • 今後プロジェクトマネージャーやリーダーになりたい方
  • 既にプロジェクトマネージャーだが、体系的な知識を身に付けたい方

オススメの参考書

※画像をクリックすると、amazonの商品ページが開き、購入することができます。

1.マンガでわかるプロジェクトマネジメント

ストーリー仕立てのマンガでプロジェクトマネジメントについて書かれているので、初心者にぴったりな本です。

プロジェクトマネジメントの概要やプロジェクトマネージャーの役割を手軽に網羅的に理解する為に、有効な本です。

 

2.Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す

WEBディレクションにおけるプロジェクトマネジメントの参考書としては、

手軽に読める割に、PMBOKに基づいている為、重要なポイントが押さえられている良書です。

PMBOKを学ぶ上での入門書として、最適です。

アジェンダや議事録などプロジェクトマネジメントには欠かせないテンプレート集あり、実務への適用にも有効な一冊です。

 

3.図解入門よくわかる 最新PMBOK第6版の基本

PMBOKガイドの知識エリア・プロセス群を基本的に全て網羅しており、

PMBOKガイドからエッセンスを抜き出して書かれた本です。

PMBOKで体系化されているプロジェクトマネジメント知識を網羅的に把握したいけど、

PMBOKガイドを読み込むまでの労力をかける時間はないという方にオススメです。

 

PMP試験勉強のオススメ参考書

対象者

  • プロジェクトマネジメント従事者でPMP資格取得を目指す方
  • PMP試験は受けないが、保有者と同等の知識レベルを目指す方

 

オススメの参考書

※画像をクリックすると、amazonの商品ページが開き、購入することができます。

1. プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOKガイド 第6版(日本語)

米PMI(プロジェクトマネジメント協会)が発行するPMBOKガイドです。

プロジェクトマネジメントに関する知識体系が全て詰まった本です。

PMP試験では、PMBOKガイドに記載されている内容を理解していることを前提に、

プロジェクトマネージャーとしての行動規範に基づいて判断させるような問題が出題されます。

PMBOKガイドをマスターすることはPMP試験を受験する上で、マストとなります。

PMP試験を受ける予定のない方で、プロジェクトマネジメントに従事されている方でも、

オフィスのデスクの上に置いて置くと安心かもしれません。

 

2.PMP試験合格虎の巻 第6版対応

PMP試験の問題集・模擬テストです。

大学受験の際に使用した赤本を彷彿とさせるのではないでしょうか?

他の問題集と比較して、最も本番の試験問題に近いと言われており、一番売れているのではないでしょうか。

しかし、PMP試験と同じレベルかと言われると、

個人の経験則となりますが、問題集よりも実際の試験問題の方が難しかったです。

当日、問題を見て愕然としたことを覚えています。。。

その為、この問題集・模擬テストが完璧だからといって安心するのではなく、

PMBOKガイドの深い理解に努めてください。

 

購入用リンク

今回ご紹介させて頂いた参考書は以下からamazonで購入できます。

皆さんのプロジェクトマネジメント能力向上を願ってます。

 

スポンサーリンク

よろしければtwitterでフォローを!

twitterで積極的に情報発信しております!

 

主に以下のようなことをつぶやきます。

・PM関連の気付き・学んだこと

・チームメンバー育成に関する実体験

・日常のどうでもいいこともたまに(笑)

 

「記事の内容が参考になった」、「今後も記事を見たい」、「今後の成長に期待する」などと思っていただける方も、ぜひフォローください。


twitterへ移動する

SNSでもご購読できます。