チーム

チームメンバーとの別れを悲しめる関係性を築く

今日は、愛弟子の送別会パート2でした。

新卒2年目からチームメンバーとして、彼の成長を願って育ててきました。

 

早3年が経つのかと思うと感慨深いです。

時間をかければ書けるほど、愛着が強くなり、愛弟子と呼んでしまうほどの状態になりした。

続きを読む

自分の考えに固執する愚かさとブレイクスルー

今日は、以前以下の記事でも書いた夢の実現に向けた取り組みの続きを行いました。

知り合いと一緒に取り組んでおり、前回の宿題としてそれぞれが考えてきたものを元に話し合いを行うことになっていたのですが、なんと宿題をやってきていないじゃないですか。

続きを読む

新卒社員から言われた「チームに入りたい」の言葉が嬉しい

今日の話をではないのですが、同僚と話をしている中で、新卒社員から嬉しい言葉をもらったことを思い出しました。

それは、新卒社員から言われた「チームに入りたい」という言葉です。

新卒社員と喫煙所で立ち話をしている時に、突然言われました。

新卒くん「若手PMPさんのチームに入りたいです。」

僕「何で?」

続きを読む

韓国で流行中の先輩にタメ口OKヤジャタイムとは?

韓国では日本と同じように企業での上下関係がかなり厳しいようです。

日本企業においては、昔のような厳しい上下関係は無くなってきておりますが、韓国ではまだまだ根強いようです。

 

先輩と飲みに行った時に、先輩の方を向いてお酒を飲んではいけないようで、後ろを向いて飲まないといけないようです。

なかなか異常ですね。。。

続きを読む

ビジョンに共感してくれる仲間が増えることが嬉しい

ビジョンに共感してくれる仲間が増えることは嬉しいですね。

自分が実現したい世界観に対して、自分がやりたいと思うことなんだと言ってくれることで、自分が認められるような気がしますし、この世界観を本気で実現しようと思えるんですよね。

続きを読む

取引先との信頼関係を築く!仕事は人の関係性でできている

今日は取引先の方が退職される為、送別会を行いました。

一緒に喜びも苦労も味わった仲間でした。

業務上は大きな痛手ではありますが、彼の新たな挑戦を心から応援したいと思います。

そう思えるのも、一緒に働く中での信頼関係であり、一個人としての関係性が大きいのだと思います。

続きを読む

1on1を実践してみたらチームのコミュニケーションが活発になった

1on1をご存知でしょうか?

1on1を実践してみたらチームのコミュニケーションが活発になったので、ご紹介したいと思います!

最近よく耳にするようになった1on1ですが、国内ではヤフー社で1on1が実施されていることが有名であり、米国シリコンバレーでも1on1meetingが文化として根付いてきている人材教育制度です。

続きを読む

部下育成・メンバー教育では、褒めて評価することが重要!

部下育成で悩まれている方は多いかと思いますが、

ここ最近ひしひしと感じる、部下育成を行う上で重要なことを書きたいと思います。

それは、褒めて評価することが大切です。

 

ちなみに、私はと言うと、

チームを持ち、部下を育成する立場にありつつも、

一個人としては当然、上司にとっての部下で育成される立場であり、

30歳手前の若手プロマネ(PMP)です。

続きを読む