リーダーシップ

弊ブログPM NOTESで記事を書き一緒に盛り上げてくれる方を募集!

【募集!】 弊ブログで PM記事を 書いてみない?

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

この度、弊ブログのPM NOTESに記事を書き一緒に盛り上げてくれる方を募集することにしました!

そもそもこのブログを始めた理由ですが、
プロジェクトマネジメントの国際資格であるPMPを取得したことをきっかけに、自分の知識やスキル、経験を世の中に情報として届け、少しでもプロジェクトの失敗に悩む人の力になりたいと思い始めました。

その後、自身の仕事上の役割が変化し、チームリーダーになり、プロダクトマネジメントに関わるようになり、同じ思いでそれらの領域に関する記事も書くようになりました。

続きを読む

リーダーよ、モチベーションよりもエンゲージメントを高めろ!

部署内で最もエンゲージメントの高いチームになった

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

現在、3つのサービスを運営する6人のプロダクトマネジメントチームのリーダーをしておりますが、組織におけるエンゲージメントという概念を知り、組織改善に取り組むことでいいチームを作ることができました。

  • 会社やチームのミッション・ビジョンへの共感度が高い
  • 個人ミッションや目標が明確で腹落ちしている
  • 職務上や自己成長に対する支援を実感してくれている
  • 上司や仕事の仲間との関係性が良い
  • 職務に対する満足度が高い

これは、現在の僕らのチームの状態です。
所属するメンバーのエンゲージメントを定量的に測ることのできるツールwevoxで高いスコアとなっています。

続きを読む

海外(インドネシア)でリーダーの役割とは【BAIK】

日本の会社で部下がいたり、チームを持っていたり、部署を持っていたり何かしらの仲間を持っている人。日々、考え良いチームにしていこうとされていると思います。そこで出来上がった自分の形が海外ではそのまま通用しないことはよくあることです。

よくある会社の形

日系企業の日本人は1人~4人くらいが大体の形になっています。そしてそれぞれの日本人に年齢的な上下関係はありつつもポジション的な上下関係は社長を除きないことが多いです。それぞれの日本人は日本人を見るのではなくインドネシア人を見るのが一般的になっています。

今回は、日本にいるリーダーを幾つかのタイプに分けて「上手くいくのか」「上手くいかないのか」を見ていきましょう。

続きを読む

失敗から学んだ「いいチーム」の作り方(7つの取り組み)

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

僕は、名古屋大学を卒業した後に、とあるWebサービス・スマートフォンアプリを運営する従業員1000人弱の事業会社に新卒社員として入社し、自社サービスの企画・開発・運営を行う部署で現在まで約8年間働いています。

社内では、比較的順調なキャリアを歩むことができており、入社4年目(25歳)に主任に昇進するのと合わせて初めてのチームリーダーを任され、担当事業・サービスや責任範囲、人員数は変化しながらも現在までチームリーダーとして働いています

入社8年目(29歳)にあたる2018年は、それまでのチームリーダーとしての実績が評価され、4月に係長に昇進し、チームリーダーとしての5年目を迎えました。

この約5年間のチームリーダー経験の中で、楽しいことや嬉しいこと、悔しいこと、つらいこと、悲しいこと、様々な経験をし、初めてチームリーダーになった日からずっと思っていた「いいチームを作る」ことに対して、なんとなく分かってきました。

現在では部署で最もエンゲージメントの高い「いいチームを作る」ことができました。

続きを読む

心理的安全性を確保しチームのパフォーマンスを向上する

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

アジャイル界隈に興味を持ち、記事やtwitterの投稿を探すようになったことで、心理的安全性性という言葉をよく目にするようになりました。分かったつもりで、心理的安全性という言葉を使い始めていたりするのですが、今一度、心理的安全性の正しい理解の為にまとめてみたいと思います。

本記事はこんな方にオススメ

  • 心理的安全性という言葉を初めて聞きその意味を知りたい方
  • 心理的安全性の確保によるメリットをざっくりと知りたい方
  • 自分の組織やチームに心理的安全性を作り始めたい方

続きを読む

サーバントリーダーシップを自分の言葉で再定義!

サーバントリーダーシップを自分の言葉で再定義

どうも、マツバラヤスユキ(@yaspontax)です。

IT企業のPMとして働く中で経験を通して学んだリーダーシップが、世の中で言うサーバントリーダーシップに近いものだったことが分かり、少し自信を持つことができ、理解を深めてみようと思います。

ということで、一般的なサーバントリーダーシップの定義を改めて整理した上で、より身近な言葉で置き換えてサーバントリーダーを再定義したいと思います。

続きを読む

チーム作りのポイント|個人の信頼関係を築くことが大切

どうも、若手PMです。

先日、参加してきたプロダクトオーナー祭り2018summerでも、ヴァル研究所 篠原さんが仰っていましたが、プロダクトオーナーやプロダクトマネージャーに最も求められることは、チーム作りだと思うんです!

 

働き方改革が叫ばれる現代おいて、より強くなってきておりますが、個人で実現できることには限界があるのです。

続きを読む

チームメンバーとの別れを悲しめる関係性を築く

今日は、愛弟子の送別会パート2でした。

新卒2年目からチームメンバーとして、彼の成長を願って育ててきました。

 

早3年が経つのかと思うと感慨深いです。

時間をかければ書けるほど、愛着が強くなり、愛弟子と呼んでしまうほどの状態になりした。

続きを読む

新卒社員から言われた「チームに入りたい」の言葉が嬉しい

今日の話をではないのですが、同僚と話をしている中で、新卒社員から嬉しい言葉をもらったことを思い出しました。

それは、新卒社員から言われた「チームに入りたい」という言葉です。

新卒社員と喫煙所で立ち話をしている時に、突然言われました。

新卒くん「若手PMPさんのチームに入りたいです。」

僕「何で?」

続きを読む