事業責任者とカスタマージャーニーを共有し、プロダクトを素早くカイゼン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •      
  • LINEで送る

プロダクトを幅広く顧客に受け入れられるものに素早くカイゼンしていく為に

事業責任者とカスタマージャーニーを共有するというtipsをご紹介します。

 

事業責任者とプロダクトマネージャーの関係性

事業を成功させることを目的に一緒になって取り組んでいる事業責任者とプロダクトダクトマネ
ージャーですが、

距離感やパワーバランス、事業責任者のプロダクト理解・ITリテラシー、プロダクトマネージャーの事業理解・ビジネスリテラシーによって、最適な関わり方やプロダクトのカイゼンの進め方は当然異なります。

 

事業責任者が営業畑出身なのか技術畑出身なのかでも大きく異なり、プロダクトのカイゼンにおける優先順位を決める際に、エンドユーザーを向いているのかクライアントを向いているのかの比重が変わってきます。

 

えてして、営業畑出身の事業責任者はクライアント尊重の思考が強く、「クライアントがこうして欲しいって言ってるからやってくれないか」という言葉が飛び出すこともあると思います。

 

また、思い付きによるカイゼン案や売上の為の企画などが五月雨式に湧き出てくることも多々あるのではないでしょうか?

そんな営業畑の事業責任者にプロダクトマネージャーや開発メンバーが翻弄され疲弊してしまわないようにはどうしたら良いのでしょうか?

 

営業畑出身の事業責任者を理解する

企業によってもちろん状況は異なりますが、基本的に営業畑出身の事業責任者にとって、プロダクト開発というのは未知の領域なのです。

 

事業責任者は、事業のビジョン・ミッションに基づき1年後や3年後どのような状態になっていたいかが最重要であり、事業計画としてP/L(売上・利益等)を計画し、実現する為のプロダクトや商品の戦略やロードマップを計画し、戦術に落とし込んでいきます。

つまり、プロダクトを利用するユーザー視点では見ていないということです。

 

プロダクトマネージャーをはじめ開発メンバーと視点が違う為、優先順位の捉え方などもずれてしまうのです。

この視点の違いを理解した上で、事業責任者にもユーザー視点を持ってもらい、プロダクトのカイゼンの優先順位を適切コントロールできる体制をつくることが非常に重要なのです。

 

事業責任者とカスタマージャーニーを共有しよう

プロダクト開発チーム内では実施されていることも多くなってきているカスタマージャーニーを定義するワークショップに事業責任者にも参加してもらいましょう。

一緒になってユーザーのペルソナを作成し、カスタマージャーニーを洗い出し、プロダクトが提供する価値は何なのかについてディスカッションすることで、共通認識を持つことができます。

 

カスタマージャーニーについては、分かりやすい記事がありましたので、引用してご紹介させていただきます。

カスタマージャーニーの意味を直訳すると「顧客の旅」となります。顧客が商品を認知してから、購入し、さらに購入後の行動(例えば評価・レビュー・口コミなど)に至るまでを「旅」と捉え、その一連の行動を時系列で把握する考え方を、カスタマージャーニーと呼びます。

カスタマージャーニーを一度でも調べたことがある方は、下記のような図をイメージするかもしれません。これはカスタマージャーニーマップと呼ばれるものです。

カスタマージャーニーマップ

ターゲットの行動を時系列に並べるのであれば、文章よりも図の方がわかりやすいですね。上記の図は「ペルソナ」「フェーズ」「タッチポイント行動」「思考」「感情」「インサイト」といった縦軸の項目を設けていますが、提供する商品・サービスによって、この縦軸を工夫する必要があります。

引用:https://c.techbook.jp/contents-marketing/customer-journey

 

できれば、そのままカスタマージャーにマップを元に、プロダクトの機能への落とし込みを行うと、事業責任者のプロダクト開発の理解度がより一層深まります。

 

その結果、事業責任者の中で事業とプロダクトの紐付きが強くなり、本質的なユーザー視点でのカイゼンの必要性の理解や、クライアントの要望を気軽にお願いしようという考えを見直すことに繋がり、プロダクトのカイゼンの優先順位をコントロールしやすくなります。

 

事業責任者とカスタマージャーニーを共有し、プロダクトを素早くカイゼンしましょう!

スポンサーリンク

よろしければtwitterでフォローを!

twitterで積極的に情報発信しております!

 

主に以下のようなことをつぶやきます。

・PM関連の気付き・学んだこと

・チームメンバー育成に関する実体験

・日常のどうでもいいこともたまに(笑)

 

「記事の内容が参考になった」、「今後も記事を見たい」、「今後の成長に期待する」などと思っていただける方も、ぜひフォローください。


twitterへ移動する

SNSでもご購読できます。