ズートピアで夢を叶えるまで諦めないことの大切さを学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •      
  • LINEで送る

今日は、ディズニー映画のズートピアがテレビで放送されていたので、見てみました。

純粋に楽しく見れたのですが、だれもがどんな夢でも描くことができ、夢を叶えるまで諦めないことの大切さもメッセージとして含まれていました。

ズートピアは、動物が人のように暮らす世界を舞台に、主人公のホップスというウサギが、小さい頃からバカにされながら、今まで肉食動物しかなれなかった警察官を目指し、努力して警察官になるところから始まります。

警察官になってからも、ウサギだからという理由で、事件を担当させてもらえず、駐禁の取締りを担当させられます。

そんな状況にもめげずに、世界をより良くしたいという思いをもって、様々な事件に首を突っ込みながら努力し、時にはめげてしまうこともあるけど、再度立ち上がり夢を実現します。

最後の方に、ズートピアは誰もがどんな夢でも持つことができる世界です、というナレーションがありました。

現代においては、なかなか夢を持ち辛い世の中なのかもしれませんが、人生100年時代だと言われはじめ、好きなことや、やりたいと思うことをやろうという声をよく聞くようになってきているかと思います。

個々人が夢を持ち、実現に向けて取り組む人が少しでも増えていくことが、より良い社会になっていくことなのではないかと思います。

僕も自分の夢の実現に向けて、夢を叶えるまでは諦めない!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。